撮影会においては

いわゆる「新人モデル」を狙って

姑息で邪なアプローチをするカメラマンが絶えない。

 

撮影以外の飲食の誘い

撮影時にモデルに触る

モデルの嫌がることを平気でする。

 

枚挙にいとまがない。

 

このような姑息で低俗なカメラマンは

しかしながらそれはモデルに対してだけであるwww

 

他のカメラマンには、そのような態度は決して取らない。

男性相手では太刀打ちできぬとわかっているのだw

おまけに小心者である。口先だけwww

 

抗えぬモデルに対してのみ

高圧的な態度を取り、屈服を迫る。

犯罪スレスレである。

 

彼らのせいで、撮影会が低俗なものになりはて

そこで生成された写真は低俗な写真となる。

 

この姑息で低俗なカメラマンは

モデルのみならず、まっとうなカメラマンの趣味さえ

低俗なものにしてしまう。

 

断じてその存在は許す訳にはいかない。

野放しには出来ないのだ。

 

カメラという素晴らしい趣味を

もっと素晴らしいものにするためには

闘うことが必要なのだ。

 

姑息で低俗なカメラマンは

誰がなんと言おうが容赦なく駆除すべきなのだ。