f:id:yarukimedesu:20120409164304j:image
 もう昨日のことだが、禁煙しているのもあるけど、基本的に、家族と話さない生活をしているものだから、久しぶりにミーティングをすると、その時は、私以外の喫煙者もいたのもあるかも知れないけど、人と話すことが不得手になっている。

 というか、人間性が破壊されている気がする。人の話は、耳に入って分だけ理解している気がしないし、自分で話しても、自分の声が届いている、聞く人がいることで、脳の快感スイッチが入っているのか、話しまくって、オチとか、おとしどころをロストする。

 …なんというか、こういう人は、人前で芝居とかしたら、あかんと思った。思っているよりも、無職で、人間性が蝕まれている気がする。もうだめかも知れない。

 昨日は、夕方から出て、晩に芝居のミーティング。晩御飯は100円ローソンで買っている。100円の冷麺が売り切れていて、じゃあ、冷やしうどんにしようかな?と思ったのだけど、食べる部分と、捨てる部分を考えると、食べる気がなくなった。

 結果、刻みレタスと、食パン、マヨネーズ、即席のワカメ蕎麦を買った。結局、カップ麺を買っている俺。人が集まり出す前に、食パンにレタスをのせて、マヨかけて、パンを半分におって、レタスサンドみたいなのを食べたのだけど、レタスがよく冷えていて…なぜだか、泣きそうな気持ちになった。前向きな感情による「泣き」だ。美味さに感動…という感じなのだけど、もう、だめなのかも知れない。

 その後は、ミーティングは、冒頭のような感じで、一晩明けて帰った。ハローワークによった。儀式的にハローワークに行くのは、精神が弱ってなかったら、アホらしく思える。後から隣に座った人が、いきなり、ディスプレイに頭突きをしたから、「世の中不景気なんだな(・ω・)」と思っていた。が、多分、不注意による事故ぽかった。

 そして、ジャンプを買って、読んで、感想を書いた。

スプリングスペシャル!!春の4連ゴールデン読切シリーズ第1弾!!常識破りのコンビ参上!!痛快ポリスアクション読切センターカラー47ページ!!ということで、平方昌宏先生の、『DOUBLE BULLET-ダブルバレット-』です。なんとなく、サイレンの岩代俊明先生に似た匂いを感じたのですが、第一印象なので、ソースは私。ちょいとだけ80年代、90年代を感じさせる絵柄…だからかな?懐かしい感じも、ちょっと、します。
DOUBLE BULLET-ダブルバレット-(平方昌宏)の霧島カナコさんのおっぱいムニは良い!ジャンプ感想2012年19号1【週刊少年ジャンプ感想】

 結局、私は、実際行っている結果としては、短期的に100とかじゃなくて、年間で100くらいの記事の書き方をしているっぽい。ジャンプ感想の賞味期限の短さは、コミックス基準の感想まとめで、フォローしているし…。

 その後は、明日公開分のジャンプ感想を書いたり、ニセコイの感想まとめを作ったりしていた。

ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)

ニセコイ 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 古味直志
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/05/02
  • メディア: コミック
  • 購入: 5人 クリック: 125回
  • この商品を含むブログ (45件) を見る

 コミックス発売前に、コミックス相当分の感想をまとめる…という戦略は、効果あるかな。

 その後は、雑なアフィエイトサイトを作ったり。まぁ、インターネットでやる釣りみたいなモノだな。1ページから月300〜400円の収入が出たら、プラス計算で、後は、数を増やすだけなのだが、発想が、とても、セコい。


 なんだかんだで、今日も、1日が過ぎていった。明日は、午前中から、図書館に行ってみようかと思うのだけど…何日も、それができてない。こまねち。